「誰もが自分らしく
ワクワクする人生」を
共に創っていく

株式会社ゼネラルパートナーズ
代表取締役社長

進藤均

2003年、「社会問題をビジネスで解決する」という理念を掲げ、GPは設立されました。障がいのある人の雇用推進を始めとして、精神疾患者の教育研修、うつ病患者の社会復帰、障がいに関する調査を行う総合研究所など、障がいのある人たちの差別偏見のない社会づくりのために、事業を広げてきました。

一方で、高度成長から経済停滞期、少子高齢化と人口減少、IT化の時代など、社会の大きな環境変化と共に、歪みが生まれ人間が悲鳴をあげている。このままいけば、社会問題はより深刻に、そして解決困難なものになります。
こうした思いから、GPは第二創業期として、「誰もが自分らしくワクワクする人生」という新たなビジョンを掲げ、障がい、LGBT、うつ、不登校、高齢者といった不自由が多い分野で多くのソーシャルビジネスを創り、解消していこうと決めました。

社会の多くの問題を解決することは、GPの社員だけでは到底実現できることではありません。思いを共にできる人たちすべてを仲間に加えた、変幻自在の多様なチームを組みます。それにより、一企業では成しえない、計り知れない影響力を生み出すことができます。
自分たちが生きていく社会だから、自分たちで変えていこう。これから仲間になってくれる人たちに伝えたいこと。それは「やってみよう。楽しもう。」ということです。

役員プロフィール

進藤均
代表取締役社長

立教大学社会学部卒業。メーカー、人材サービスのインテリジェンスを経て、2003年、社会問題をビジネスで解決することを目的として株式会社ゼネラルパートナーズを創業。障がいのある妹を取り巻く環境への問題意識から、雇用・教育・就労訓練・ライフスタイル・調査研究を手掛けている。趣味は、「新規事業創出」。

岡井敏
取締役副社長

早稲田大学大学院商学研究科修士課程(MBA)修了。リクルートキャリアにてマーケティング、広告宣伝、経営企画部長や役員を歴任。見えていない道を進んで世界をより良く変えていくためにゼネラルパートナーズへ。好きな言葉は「本当の発見の旅とは、新しい土地を探すことではなく、新しい目で見ることだ。」(マルセル・プルースト)