GPの出発点は
社会問題をビジネスで
解決すること

「社会のおかしいことを正していきたい。」これがGPの出発点です。
GPでは2003年の設立からこれまでの間、特に創業者の関心が高かった、障がい者雇用の問題解決にあたってきました。問題の多くは、障がい者を「よく知らない」ことから生まれており、世の中の企業での就業を最大化し、活躍する障がい者を増やすことで、少しずつ差別や偏見の壁を壊してきました。

不自由を解消し
今までなかった機会を
創りだしていく

今、身体に障がいのある人を中心に雇用は進んできていますが、持っているポテンシャルに比べて活躍の機会はまだまだ限られています。精神・知的の障がいのある人においては雇用自体がまだまだ進みきっていません。さらに、障がいのある人にとっては、就業による成長機会を得る他にも様々な問題が横たわっています。結婚、住居購入、進学などのライフイベントや、旅行、デートなど、或いは日常の移動においても、まだまだいくつもの不自由が存在しています。また、世の中で不自由を抱えチャンスが少ないことで困っている人は他にもいます。LGBT、引きこもり、ワーキングプアなど、機会を求めている人は沢山いて、我々が世の中に求められていることはまだまだ多いです。

今後の事業展開

「働く」ことの不自由の解消を起点に、人生や暮らしにおいて選択肢やチャンスが不足している人に今までなかった機会を創る事業を創造していきます。

歴史上最大級の
チャンスを活かして、
社会を変えよう

ビジネスでこれらの問題を解決していく。過去、今ほどそれが現実味を帯びていたことはないかもしれません。世の中の多くの人がソーシャルビジネスに関心を持ち、世の中に広くリーチし、質の高いサービスを提供していくためのテクノロジーも十分に出揃ってきました。何より「社会問題を解決したい」と考える人がどんどん増えてきています。この最大級の変革のチャンスを我々はしっかり活かしていきたいと思っています。GPは、バラエティーに富んだ魅力的な仲間とともに不自由を解消する事業を創り、今までにない価値を世の中に提供し、誰もがワクワクする人生を送れる様、あるべき機会を切り拓いていく企業です。新しく素敵な仲間のジョインを心から楽しみにしています。

ジギョチャレ

社員それぞれが考える社会問題や、仕事の中で芽生えた疑問や不自由を解消する新規事業を募集します。審査で通った提案は起案した本人が責任者となり具体的に事業化していきます。


プロフィール

岡井敏
取締役副社長

早稲田大学大学院商学研究科修士課程(MBA)修了。リクルートキャリアにてマーケティング、広告宣伝、経営企画部長や役員を歴任。見えていない道を進んで世界をより良く変えていくためにゼネラルパートナーズへ。休日は子どもたちという小さな先生たちに一緒に遊び学ばせてもらっている。好きな言葉は「本当の発見の旅とは、新しい土地を探すことではなく、新しい目で見ることだ。」(マルセル・プルースト)

「ジギョチャレ」から
生まれた新規事業

アスリートの就職支援を通して、
スポーツの力で障がい有無の垣根をなくす

『障がい者スポーツ推進事業』

障がいのある人に関わらず、アスリートには就職やセカンドキャリアにおいて抱えている問題があります。それは企業の理解を得て、練習と就業を両立できる環境をいかに作ることができるか、あるいは引退後のキャリアをどのように作っていくのかということです。知名度のあるトップ選手は企業からの声もかかりますが、実際にはこれから可能性のある選手層のほうが圧倒的に多く、就職に困っている人がたくさんいました。そこを何とか支援したいと思い、新規事業を提案しました。たとえば視覚障がいで陸上をやっているヘルスキーパーの事例です。
障がいの特性上、人や物にぶつかるという危険察知能力が低いので、人が少ない昼間の時間帯に練習がしたい。一方で夜型の社員が多く、定時よりも遅めにマッサージ室を開きたいというIT企業がある。この両者を結びつけることで、お互いにとってメリットのある就職をサポートできました。このようにアスリートや企業の要望は個別性が高いので、マッチングも多岐に渡ります。
現場に出て直接話を聞き、選手特有の事情をつかんだり、パートナーへの協力を仰ぐなど、さまざまな知見を蓄えながら実績を増やしていきたいと考えています。そして中長期的には、障がい者スポーツ全体を盛り上げることで、スポーツの力で障がい有無の垣根をなくすことにチャレンジをしていきます。
例えばアスリートの協力を得て、障がいのある子どもたちとコミュニケーションをとる機会を作ることで、子供たちが夢や目標を見つけ、将来に向かっていく力をつけることができる。そういった人を動かし前向きにさせる力がスポーツにはあると信じていますし、その可能性を追求するために事業を成長させていきたいと考えています。


プロフィール

眞砂宏樹
インキュベートDIV
障がい者スポーツ推進事業 マネジャー

2014年新卒入社。法政大学国際文化学部卒。GPへの入社理由は自分のアイデアと情熱次第でさまざまな可能性を生み出すことができると感じたこと。小1からずっとサッカーをやっている。スポーツに関わる仕事をしていきたいという想いが強く、学生時代は1年間休学をしてFC岐阜のフロントスタッフとして住み込みで働き、国際協力団体ではカンボジアでのサッカーグラウンド建設に関わった。