高いところを目指して
常にワクワクしながら
働いていきたい

田中将輝
Shoki Tanaka

atGP紹介事業部
ハイクラスグループ マネジャー
兼 人事企画室

PROFILE

2016年新卒入社。慶應義塾大学経済学部卒。学生時代は学内最大規模のバドミントンサークルの運営に全力を注いだ。最近はビリヤードに熱中し、週に1度はつきにいく。アクティブな人見知りを自称し、飲み会の席には大体いる。好きな言葉は「嘘でも前に」。

入社前から感じていた
経営陣との距離の近さ

就職活動をしていた当時は、「将来何がやりたいか」であったり、「大企業か、ベンチャーか」といったレベルで見ても、自分の将来に関して何も定まっていませんでした。GPに対しても最初から志望度が高かったわけではありません。それが見抜かれていたのか、内定まではなかなか進まない。でもその間に何度か進藤社長をはじめGPの人と面接や面談で接点を持ち、たくさんの話をしてきました。そして最終的に内定をいただいたのですが、他社からの内定もあったので辞退しようと連絡を入れました。すると、進藤社長から「田中君を本当に評価していて、その本人が悩んで出した答えなら、進む先がGPじゃなくても応援するのが道理。力になれることがあるならいつでも相談に乗ります。頑張ってね」と力強い応援をいただきました。その言葉で、安易に企業規模や他人の目を気にして、他社を選んでいた自分にきづくことができました。僕は常に楽しく、ワクワクしながら働きたいと思っています。会社の規模や周りの評価など、就職活動を重ねる中で増えたしがらみを捨て、1からもう一度よく考え直しました。GPは社長や経営陣と距離が近く、思ったことを何でも言えるし、自分を応援してくれる。そんな環境ならワクワク働けるに違いないと感じて入社を決めました。

トライ&エラーを繰り返し
成長できる環境

現在はジギョチャレを通過した「ハイクラス障害者向けの転職支援サービス」の立ち上げを責任者として行う傍ら、新卒採用の企画マネジャーを兼任しています。ハイクラス事業は入社1年目に応募したアイデアなのですが、こんなに早く事業立ち上げの機会をいただけるとは思ってもみませんでした。それだけでなく、新卒採用も率いていく立場になり、想像をはるかに超えた成長の場がGPにはあると感じています。勿論、どちらのミッションもハードルはとても高く、そう簡単にはうまくいかないことばかりです。特に事業を創るにあたっては、その事業を届けたい人が本当に求めている核心を突かねばならず、自分が良いと思ったことをやるだけでは不十分だということを痛感しています。エントリーの時全身全霊で書いていた企画書も、改めて目を通すと「全然だめだなあ」と思うところばかりでした。変わっていないのは、起案に当たっての想いくらいかもしれません。事実を元に、何度も何度もPDCAを回す。その繰り返しが新たな成長につながっていると日々実感しています。

変わっていくことを
楽しめる人がいい

GPは2017年に第二創業期として新たなスタートを切りましたが、その第一歩を踏み出す瞬間にこうして立ち会うことができたことは本当にラッキーだと思っています。単に第二創業期というスローガンを掲げるだけでは何も変わりません。変革を率いていくのは社員一人一人の小さな行動の積み重ねであって、そこに年次や経験は全く関係ないんだということを日々実感しながら働いています。まだまだ社内は改革の真っただ中で、かなり面白いフェーズにある会社ではないでしょうか。僕はGPに出会うまで、ソーシャルビジネスという概念も知らず、人生をかけて取り組みたいテーマも持っていませんでした。しかし高い志を持つ多くのGPJINと触れ合い、実際に現場で仕事を重ねる中で、遠く感じていた社会の問題が次第に自分ごとになっていると感じています。自分の行動で、会社も、社会も変えていける。またその中で自分自身が大きく成長していく。やりたいことが決まっている人には勿論、まだ方向性はわからないがとにかく挑戦して成長していきたい、そんな想いを持った人にも是非お勧めできる環境がGPにはあると思います。

他のインタビューを見る