お互いを尊重し、
多様な在り方を受容できる社会へ

山田祐奈
Yuna Yamada

事業推進本部 プロジェクトマネジメント室

PROFILE

2017年 新卒入社。筑波大学 人文・文化学群 比較文化学類卒。4歳から踊りに親しみ、踊ることが好き。美容室で踊った経験から、ダンスに親しみのない人がより表現を楽しめるようにしたいと考えるようになった。現在は年齢や職業も様々な人が集まるダンス団体で活動中。普段はのんびりとしており、体に優しく美味しいものを食べることが毎日の楽しみ。好きな言葉は「創造の世界を忘れないで」。

個人の視点や興味を
広げてくれる会社

学生時代からダンスの自主公演をはじめ復興支援イベントなどの企画運営、子ども向けワークショップ企画や参加者のサポート、発達障害児への支援など、興味のある活動には積極的に参加していました。その体験を経て芽生えたのは、自身の手で何かを成し遂げたい、そしてその“何か”で社会に貢献したいという想い。想いを育てるために自分の視点や興味を広げてくれる会社はないかと探していたところ、GPを知りました。身内や友達に障害のある者がいることから、関心のあった障害者支援。しかし当事者の支援だけではなく、社会が多様な在り方を受容できる余裕を生み出したいと同時に考えていました。他社では「当事者とそれ以外のどちらかに決めたら?」と言われるなか、GPでは固定概念に縛られず目指したいビジョンの実現を模索できそうだと感じました。5回に渡る面談を通じて、ここでなら様々な可能性を感じながら活躍の場を見つけていくことができると確信。入社を決意しました。

自分らしい発想を
いつでも忘れない

はじめての配属は、広報企画、経営企画、人事企画の兼務。最初は業務の豊富さに戸惑いましたが、こんなチャンスがつかめるのもGPならでは。入社後すぐに新卒採用に関わったほか、全社の動きや各事業部の課題を把握して、社内報発行や全社総会を企画・運用していました。2年目からは社外広報の業務が加わり、会社のブランディングに関わる立場に。想像以上に、全社へ影響力のあるミッションばかりです。仕事をするうえで心がけていることは、自分らしい発想を忘れないこと。いろいろな視点から様々な発想を浮かべてみて、現実的じゃないなと感じても、とりあえず声に出してみる。すると、「それいけるんじゃない?」と誰かが賛同してくれ、実現へと向かっていくこともあります。社外イベントの取材コンテンツを企画した際も、ダメもとで著名人の起用を提案してみたところ、とあるアーティストにパイプのある社員の存在が発覚。企画内容をアーティストサイドに提案する段階までことが進みました。自分の発想がカタチになっていくことにワクワクした経験です。

全体を俯瞰して眺め、
成果を最大化する

不自由を抱える当事者を支え、同時に多様な在り方を受容できる社会を目指す。入社前から抱いている想いは今も変わりません。入社後に社交不安障害を発症し、自分自身もつらい経験をしたからこそ、その想いはますます強くなりました。コーポレート本部や事業推進本部の強みは、フロントから一歩引いた立場で全体を俯瞰して眺め、中長期的な視点で物事を考えやすいところ。社内外に幅広く関わってきた経験を活かし、クレドを体現する行動を最大化させていきたいです。GPの環境は制約が少なく柔軟性が高い半面、個々人のプロフェッショナリズムが求められます。決まった答えがない問題も多く発生し、向き合う過程では苦しい思いをすることも。そのような中でも、「この仕事ができて良かった」と社員が感じられるようにしたいですね。現在は症状とうまく付き合う方法を探しながら、時短勤務で働いています。この状態が実現できているのは、会社と私が信頼関係で結ばれ、「尊敬と配慮のもと共に成果を出していきたい」という共通認識があるから。事情を抱えていたとしても社員と会社がお互いを重んじ、同じ方向を目指して歩んでいける――そんな雇用の形が当たり前になっていったら、素敵だと思いませんか?

ポテンシャル採用
募集要項

エントリーはこちら

キャリア採用
募集要項

エントリーはこちら

他のインタビューを見る