人の可能性を信じ、
誰もがワクワクできる人生を

柴山友樹(19新卒)

Yuki Shibayama

・出身大学 青山学院大学/経営学部マーケティング学科
・好きな言葉「伸び代しかない」
・趣味「友人との飲み」
・ニックネーム「しば」

『課題解決のため、仲間とゼロから創りあげる』

経営学部だった僕のゼミでは毎年様々な企業とプロジェクトをやっていて、僕たちの代は大手小売り企業と行い、大学3年時に大学内にオープンした店舗の課題だった、昼の店舗混雑と売上低迷をどう解決できるかを立案したり、その立案したものをその企業の役員の前でプレゼンしたりしていました。その後青学限定デザインの電子マネーカードの企画からデザインの投票大会、発行後のPRなど、ビジネスを疑似体験するような経験をしていました。
大学4年では学生主体の就活支援NPO団体の青学支部立ち上げを行い、「納得してキャリア選択できる青学生を増やす」ことを目標に、20新卒に対して面談やイベントの設計、SNS運用などを用いたサポートを仲間たちとやり抜き、1年間で350名の青学20卒が利用してくれました。
それぞれが様々な経験をしてきた多様な仲間たちと何かに熱中している時間の数々は僕にとって最高の学生生活となりました。

エンカレッジ青学支部の仲間たちとの撮影

『人は変われる』

大学でサークルに没頭していた僕は、友人の紹介で大学2年時にプログラミングスクールに半年間通いました。しかしプログラミングはおろか、PCもまともに使えない僕は新品のMacと毎日何時間もにらめっこ。同じタイミングで入った同期は簡単にできるのに自分には才能がない。軽い気持ちで始めた自分に後悔し、昔から劣等感を強く感じる性格が何度もスクールを辞めようと心を揺さぶってきました。そんな僕が幸運なことに同期と講師の支えもあって、卒業制作としてポートフォリオと呼ばれるサイトを作りあげ、最後までやりきることができました。そこでの小さな成功体験が自分にとってターニングポイントになりました。大した作品ではないかもしれません。ただ壁を乗り越えた経験を通じて、自分に対して自信を持てるようになり、その後の行動が大きく変化。「努力次第で人は変われる」という価値観が、過去の自分から解放してくれたのです。

卒業制作発表後の一コマ

GPへの入社理由

GPの人とビジョンです。僕は2年生から長期インターンをやっていたこともあって、様々な社会人とお会いする機会がありましたが、GPの社員は会う人会う人が本当に魅力的だった。自分の信念を持ち合わせながらそれぞれの良さを認め合っている風土が、大学のゼミとちょっと似ていて個人的にワクワクしたんですよね。そしてGPのビジョンである「誰もが自分らしくワクワクする人生」という言葉が、自分が就活中に言葉にできなかった思いを言語化していて、この会社で「自分らしい」挑戦をし続けたい、とビビっときてしまって。最後に代表の進藤さんと面接する中で人間力に魅了されてしまい、これまで接点の少なかった「社会問題」を軸としたソーシャルビジネスに身を投じようと思って入社を決意しました。

GPで実現したいこと

「誰もが自分らしくワクワクする人生」というビジョンの実現に向けて様々なアプローチから挑戦し続けることです。人はどうしても他人と比較してしまいがちです。また今後の世界はテクノロジーの進歩で人がどんな仕事をしているかさえ読めない時代になりました。だったら他人から良いと評価される自分や仕事、人生ではなく、心の赴くままワクワクする人生を過ごしたくありませんか?どうしたらそんな考えが当たり前のように浸透していくか、答えは見つかっていません。ただ挑戦をし続ける多様な仲間がいるGPだからこそ、そんなビジョンに向かって、全力で走っていきたいと思っています。

他のNEW MEMBERSを見る