一人ひとりの物語が
生まれる場所

「誰もが自分らしくワクワクする人生」をつくる。
そんな社会の実現のために、ゼネラルパートナーズは“一人ひとりの物語が生まれる場所”でありたいと考えています。一人ひとりが個性を生かして輝き、結集したチームは新たなイノベーションを生み出す。それがゼネラルパートナーズの理想とする姿です。

個人とチームの力が
最大限に発揮される
環境を創ります

コーポレートDIV
経営管理部 人事企画室 マネジャー

佐々木陽子

限りない情熱で、限りない成果を。

ソーシャルビジネスへの強い情熱と
能力のある人に機会を提供します

ソーシャルビジネスとは、社会問題を解決することを目的とした事業です。ただビジネスをおこなうのではなく、社会問題を解決に導くビジネスモデルを構築し、持続可能なビジネスとして成立させるアイデアが必要という点で、決して容易なことではありません。強い意志と行動力を持って推進する人材がいてこそ成立するものであり、その人材の数だけ社会問題が解決されていくと考えています。私たちは、社会問題解決のための強い情熱と能力を有し成果をあげられる人材に対して、年齢・性別・国籍・経験・入社時期問わず公平に評価し、最大限に活躍できる機会とフィールドを用意します。新卒・中途の枠組みもなくし、学生起業家など活動内容が新卒の枠組みを超えている人や、真に優秀な人材に対して、能力を公平に評価する仕組みを構築していきます。

多様な個性が躍動する、有機的なチーム。

個性を尊重し、
多様な個性が相互に機能する
インクルージョン型組織を目指します

私たちは、個性ある多様な人材が集まり時にぶつかり合ってこそ、新たなイノベーションを生み出すことができると信じています。それぞれが持つ個性を最大限に発揮できる環境づくり、人材の多様性を受容できる組織基盤を強化していきます。また、多様な個性が相互に関わり合いながら有機的なチームとして機能し、自由自在に新しい価値が創発されるインクルージョン型の組織体を目指します。人材採用は、多様な志向、能力、専門性を持つ人を対象におこないます。分野や業界は問いませんが、セールス、事業企画、エンジニアリングなど、何かしらコアとなる強みをお持ちの方は歓迎します。マネジメントにおいては、生産性の最大化と多様性を活かすマネジメント変革が重要であると考えています。また、社内だけでなく志を同じくする外部パートナーとの緩やかな連携を積極的に推進していきます。

仕事の充実も、人生の充実も最大化する。

働く個人の人生を起点とし、
ライフステージに合わせた
価値発揮ができる制度を構築します

人生には仕事以外の様々な側面や役割があります。仕事も含めた人生(LIFE)の充実があってこそ最大の価値発揮ができるという考えに基づき、働く個人の人生を起点とした人事制度を構築します。具体的には、一人ひとりのキャリアデザインやライフステージに合わせて、時間・空間・仕事を自ら選択できる環境を整えていきます。在宅勤務やフレックス制といった働き方のフレキシビリティを高める制度、キャリアデザインアンケートや社内公募制に基づいたジョブアサイン、副業(複業)の自由化や社外活動の推奨といったカルチャーの形成等です。こういった制度を有効に機能させるため、社員にはセルフマネジメントができる能力、顧客・パートナーに感謝し感謝される関係を構築できるプロフェッショナリズムを求めます。

GPの特徴的な制度

ジギョチャレ
(社内ビジネスコンテスト)
年に1度開催される、社内ビジネスコンテストです。勤続年数や雇用形態に関わらず、誰でも自由に応募することができます。全社員で審査がおこなわれ、審査を通過した案件は、起案者がプロジェクトマネジャーとなって事業化を進めることができます。
キャリアデザイン
アンケート
年に1度、キャリアデザインに関するアンケートをおこなっています。一人ひとりのキャリアデザインに合わせてきちんと配属を検討し、自己実現ができるようサポートしていく。楽しく責任を持って働いてもらうために、自立的なキャリア形成が大切であるとの考えに基づいています。
キックオフ
(社員総会)
半年に1度、全社員が集まる社員総会イベントです。各事業部の中期経営計画の発表に加え、お客様の声を共有しあったり、活躍した社員の表彰をおこなったりします。GPの未来について、全員で改めて共有し合う大切な機会です。
社外活動推奨
社会問題へのアンテナを高く持ってほしいとの考えから、ボランティアや社外勉強会への参加といった社外活動を推奨しています。近日、副業(複業)を自由化する予定もあります。GP外のビジネスにも携わることで、自らの市場価値を意識しながらビジネスリテラシーを高めていってほしいと考えています。
在宅勤務
働くママを応援するGPでは、必要に応じて在宅勤務ができる環境整備を進めています。家庭との両立を図りながら、仕事を効率的かつ気持ちよく進めるために、今後も新しい手法やツールを取り入れていきます。GPの産休取得率は100%で、子育てをしながら管理職として働いている女性が多数います。
月壱会
二ヵ月に一度、社会問題について好きなテーマで勉強会を企画し、発表。その費用を会社が助成する制度です。メンバーは自由編成となっており、部門を超えたコミュニケーションの機会にもなっています。勉強会以外の月は、チーム毎の食事会の費用を助成しています(2016年度運用)。

求める人物像

『目の前の問題を
チャンスと思える人』
社会問題は山ほどあります。そこになぜ問題があるのか気づくことができる人、気づいた時にその問題を変革のチャンスと前向きに捉え、解決するイメージを持って自ら動ける人を求めます。
『変化を楽しみ、
変化を興せる人』
世の中に変わらないものはありません。人も組織も事業も、変化をしながら進化します。その変化を楽しむことができる人、変化をどうやって利用しようか?どのように味方にしようか?と考えられる人を求めます。
『事業創造の経験、
意欲がある人』
事業をプランニングするためには、自分の仕事だけでなく視野を広げて全体最適と戦術を考えることが必要です。失敗した経験でも構いません。自ら事業を創造した経験がある人、チャレンジの意欲を持つ人を求めます。

プロフィール

佐々木陽子
コーポレートDIV
経営管理部 人事企画室 マネジャー

2005年中途入社。立命館大学経済学部卒。家族が精神疾患を発症したことをきっかけに、誰もが自分らしく幸せに生きられる社会をつくりたいと思うように。GP創業期に、前職のインテリジェンスでつながりのあった進藤社長に声をかけられ入社。人材紹介のマネジャーを経て、人事企画室へ。現在は一児の母として、時短勤務をしながら人事制度設計や採用全般のマネジメントを担う。好きな言葉は「雲の向こうは、いつも青空。」(ルイーザ・メイ・オルコット)