障害者雇用・障害者採用・障害者就職・障害者転職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

障害持つ女性の雇用進む
2006年9月28日

本日の日経新聞夕刊に、またまたゼネラルパートナーズ社の記事が掲載されました。


「障害を持つ女性の雇用進む」という記事でした。


今回は、ゼネラルパートナーズから転職が決まった方々を中心に、
障害を持った女性が、企業でどのような活躍をしているか、
一方、受け入れる側の企業は、即戦力で採用を考えている、という変化が。
そして、ゼネラルパートナーズという障害者の転職をサポートする会社がある(!)。

というような内容でした。

GPが今年から求職者と企業が面会する「障がい者のための適職フェア」を
今年から開催しはじめ、いきなりの盛況ぶりも紹介されました。
慣れない中、一から作り上げたメンバーの頑張りが思い出されました。


そして、世の中にはこんなタイミングというものもあるんだな、ということが。


丁度今日夕方、新聞の掲載と同時ぐらい、女性の求職者から、
GPにお手紙が届きました。
記事にもなった「障がい者のための適職フェア」に参加して
転職が決まりました!という、まさに新聞記事に追記したくなるような、内容でした。


〜中略〜

当日は4社のブースで面接を受け、その後2社から次の面接へのご連絡を受けました。
そして最終的に1社だけになってしまいましたが、
このたび無事にその企業から内定のご連絡をいただくことができました。

私は人工透析に通っているので、そのための時間の配慮をお願いしたところ
希望通りの配慮をしていただけるそうです。
(給与等具体的な話はこれから詰めていきます。)

自分の体調をコントロールしやすい形での勤務を希望していたので、
大変嬉しく思っております。

このフェアに参加していなければ、就職するなんて考えてもいなかった企業です。
このような場を設けてくださったこと、また事前のカウンセリングで快く相談に乗ってくださったこと、
本当に感謝しています。ありがとうございました。

入社後はご期待にそえるよう一日も早く職場になじみ、
がんばっていきたいと思っています。


〜〜〜〜

ちょっと、出来すぎかな?とも思いましたが、
「新聞の掲載」と「お手紙」と、両方で仕事の疲れが癒されましたぁ。。。


※次回の適職フェアは11月23日(木曜日・祝日)、
有楽町にある東京国際フォーラムにて行います!(一応宣伝も。)

  
TV会議を導入
2006年9月15日


GPでは、設立当初から、毎朝9時、就業の開始と共に「朝会」を行っている。


まずは各事業の進捗を報告する。
候補者の内定や決定、企業の申込みを発表し、みなで拍手する。

その次に、必要な情報共有をする。
真面目な連絡事項、日々の業務で感じたこと、営業上の情報共有、たまに面白い話。
人それぞれだが、最後には笑顔になることが多い。

急に指名される人もいるが、その場で為になる話や成功失敗の話をするのだが、
よく、急にでてくるものだな〜、といつも感心している。

僕も毎日話をしようと考えるのだが、ネタがない時なんかは、ぶっつけ本番。
もう少しちゃんと話をしないと。。。と反省していることが多い。


本社と関西では、それぞれ別々に行っていたが、9月から、TV会議システムを導入した。
東京と関西支社を映像でつないだので、毎朝全社が顔をあわせることになった。

関西支社には、独特の陽気で明るく、一体感がある。
東京にいたら、当然交流も少ないので、分かってもらえる機会ができた。

関西支社は、オープニングで、いきなりウェーブをやっていた。

やはり、持っていったか。

よほど、TV会議が、いや達成がうれしかったのだろう。
いや目立ちたがり屋かもしれない。

今、毎日何かしらの情報発信をしてくれるし、盛り上げてくれるので、
僕はすごくうれしい。
関西支社からの発信をみんなが楽しみにしている。

拍手からはじまる朝会、笑顔からはじまる朝会は気持ちがいい。

また、みなが顔をあわせることが、さらに一体感を増している気がしている。

  
障害者が通える教習所
2006年9月14日

「教習所に、障害があるという理由だけで断られた。また次を探さなくちゃ。」

知人からこんなメールが届いた。

障害を持っている人が受けられる自動車教習所は限定されている。
しかも、どこが受け入れてくれるか見つからないだけではなく、
仮に見つかっても、家から遠く、通えない。
昔から、頭を抱えている問題。
障害を持っているからこそ、自動車が必要なのに。


そして(社)全国脊髄損傷連合会が、かねてから力を入れてきたことが、
とある民間企業との協力もあり、ようやくカタチになった。


障害のある人のための運転免許プラン

はじめての免許取得はもちろんのこと、4時間、8時間という授業の取り方も可能。
遠方に住んでいる人でもとれるように、交通機関や介護タクシー、ホテルの手配も
希望によって代行してくれる。

車の免許をとって、毎日が変わる。社会とのかかわりを求める人も増えるだろうし、
仕事をする活力になることもあるだろう。
こんなことを後押ししたく、GPは微力ながら応援している。


ホームページ⇒ http://www.for-dab.jp/

  
移民受入れについて
2006年9月13日

福祉分野で、ついに海外から移民を受け入れる。
厚生労働省から発表があった。

2年間で看護介護分野に1000人のフィリピン人を受け入れる、という内容だった。
今まで、研究者や技術職、料理人などは、受け入れてきたが、
福祉分野では日本ではじめての試みとなる。
慢性的に看護士、介護士が不足していて、海外から派遣されることは
時間の問題だと思っていたが、ついに。という感じだ。


日本は少子高齢化により、労働力が年々低下していく。
今の日本経済を維持成長させていくために、
毎年70万人の労働人口が足りなくなると言われている。


考えられることは、

†人口を増やすこと。

少子化の対策で有効なものが、今は見当たらない。
いずれにしても政府の施策が動向を握っているのだが、
問題は世界的にも少子化対策で成功している先進国がないことだ。
日本の出生率は悪くないほど、世界はもっと深刻化している。
ということで、あまり期待はできない。


†海外から移民を受け入れる。

これは世界的にみても、ほぼすべての国で行われているが、
日本は、300年も鎖国しているぐらいの国なので、慎重派だ。
特にユーロ圏では移民が本格化していて、
同時に賃金格差や差別が広がり、別の問題も抱えている。
(ニューズウィークに書いてった)
こんな世界情勢の中で、日本は移民大国になっていくかもしれない。


†働けなかった人に働ける環境を整備する

今、日本がやらなければならないことは、
今まで働けなかった人達が働くこと。と思っている。
ニート、女性、高齢者、そして障害を持った方が働くこと。
そのための、環境を整備するべきだと思っている。


移民はどうしても必要になってくるだろうと思う。
しかし、まずは、日本国内で内政化を進めながら、
長期的に移民を受け入れる。
こういった流れになってくるのだと思う。


僕らは障害者のよき認知を広めるために会社を作ったわけで、
元々日本の労働力を支えるために、今の会社を作ったわけではない。
でも、今こういった情勢の中で、僕らができることは、
障害者が認知され、普通に働ける環境を整えることに、ほかならない。


ちょっと壮大な話しだが、やれる会社は僕ら以外に他にはない、と思っている。

  
健康診断
2006年9月12日


自分は間違いなく健康だ、と意味不明な思い込みをしているが、
1年に一度だけ「多少の心配をする日」がある。

今日はその健康診断だった。
昨年同様、健康診断は会社の近くにある芝病院でおこなった。

体重は軽くなった。これは多少運動をはじめたからだろう。
視力がよくなった。これは、多分勘がさえたからだろう。
背が5ミリほど縮んでいた。多分昨年見栄を張って背伸びをしたからだろう。
血圧は昨年に比べ30高くなっていた。 これはさすがにまずい。

先生には、血圧が高くなっているんだけど、大丈夫ですか?と不安げに質問した。
どうすれば、下がりますか?と訳の分からない質問をした。

そもそも正常値だったらしく、問題はない、ということで、一安心。
「お刺身に醤油を付けすぎてはいけない。」というピンポイントのアドバイスをもらった。
おそらく塩っ辛いものを控えろ、ということなのだろう。少しは気をつけよう。


病院で役員のS氏とばったり会い、自分も高血圧ぎみだと言っていた。
不健康そうなお腹を見て、少し癒された。

思えば、会社を作った当初は、健康診断というものを行っていなかった。
恐いもの知らずだったのだろう。(たぶん意味は違うと思うが)

社員が何人か入った段階で、「健康診断はやらないんですか?」と聞かれ、
「うん、当然やるよ!」と簡単に答えてしまった。
それから、やらねば、と思い、行った。有限実行である。

また、自分たちも2年ぐらい何もしていなかったので、
丁度良かったといえば丁度よかった。

しかし言ってはみたものの、意外にも健康診断費用が高かった。
1人1万円以上もするのをはじめて知った。

ビジネスマンや新卒採用の時に必ず行うので、
これは結構なビジネスになるな、と考えたぐらいだ。

なんとか安くあげようと、僕ら役員は、区の保健所で行い、
1000円ぐらいで済ませて、喜んだ。
経費削減が度を過ぎ、社員のAさんに至っては、
「元気そうだから」という理由でやっていない。


そんな時代を懐かしく微笑ましく思いながら、反省している。

  
日経に掲載されました
2006年9月 8日

昨日7日(木)日経新聞(夕刊)に
ゼネラルパートナーズの記事が掲載されました!


「門戸の広がる障害者雇用」という題名のコラムで、
来る9月9日(土)に行われるイベントの紹介。


〜(中略)求職者と企業が直接会える「障害者のための適職フェア」には、
30社以上の企業が参加する予定。ただ会うだけでなく、
経験豊富なキャリアカウンセラーが転職先を助言するのが、特徴。〜


自分たちで創りあげたサービスが認知される瞬間。
それだけで、うれしいです。

  
思いがいい商品を創る
2006年9月 1日

 あるNHKの番組で、キリンビバレッジのヒットメーカーの企画部長が出演され、
どのようにヒット商品を生み出すのか。必勝法を聞きました。

結論は、、、

「その商品(サービス)に一番思い入れが強く、そして人間的に良い人にすべてを委任する。」

でした。


周囲を見渡してみると、永続的な商品(サービス)には、魂が込められているなと。
素晴らしい商品(サービス)の裏には、必ずプロジェクトリーダーの
血のにじみ出るような努力があるものです。その努力のモチベーションが「思い」だと思います。
技術や優れた能力も大事ですが、社会にいい商品(サービス)を創ろう、
という「思い」がそうさせるのですね。
元々人間性のいい人が「思い」を持ったら、メンバーに伝播します。
これなら、たしかに強固なチームができますね。

たしかに。実際GPの中で完成度が高いサービスは、
人間的にも魅力のある人が、「思い」をもって創った商品(サービス)になっています。


商品開発において、本気でない人や、他人事でその商品に興味がない人達の意見は
聞くに値しない。まったく必要ない、とのこと。
ちょっと大げさかなと思いましたが、何となく分かるような気もします。

「その商品(サービス)に一番思いのある人」を、「確信犯」と表現していました。
ふむふむ。
確信犯を探し出し、確信犯に全てを委ねるのが一番の選択だと断定していました。
多数決か何かで商品開発を進めたら、最悪の結果になる、とのこと。
なるほど。


GP内で考えているプロジェクトの「確信犯」は誰だろう。
ちょっと探してみよう。

  
<< 2006年9月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30