障害者雇用・障害者採用・障害者就職・障害者転職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

アビリンピックに行く
2007年11月19日


先週、日本で開催されている第7回国際アビリンピックin静岡に参加した。

能力やスキルに障がいの有無は関係ない。
そんな当り前のことを再認識しながら、
競技への一生懸命なまなざしと手さばきにとても刺激をもらった。

また、会議では海外の雇用事例や、企業の取組み姿勢を聞いた。
障がい者雇用が進んでいるような気がしたが、逆もあった。
一番がっかりしたのは、アメリカでの障害者雇用が進んでいないこと。
正確な数字がとれていないので何ともいえないが、落ち込んだことは確かだ。

一進一退?3歩進んで2歩下がる?
いずれにしても、もう少しでも加速していかねばならない。
アメリカがだめなら、日本がやるしかないのか。
日本発の雇用成功事例を発信していかねばならない。

そんなことを考えさせられた。

ランチタイム。
B級グルメの筆頭である富士宮やきそばが出ていたので食べることに。
(お昼食べたあとに気付くが、食べる。)
が、さほど美味しくなかった。
たぶん木枯らし1号が出ていて、やきそばが冷たくなっていたからだろう。
しょうがない。

その朝、ちょうど静岡駅でスワンベーカリーの社長とばったり。
また、知り合いが特例子会社の社長となっていて、ばったり。

初めて行く静岡でしたが、悲しさと使命感を新たにしたイベントとなった。

  
適職フェア開催します
2007年11月16日


11月17日(土)「障がい者の適職フェア」という合同面接会を行います。


障がい者雇用に積極的な企業30社と
転職希望の求職者が150人近く集まるイベントです。

●特長その†
参加企業(求人)に詳しい転職アドバイザーが来場者一人一人をサポート。
転職アドバイザーだけが知っている、本当に知りたい「ココだけ」の企業情報を
お教えしたり、面接の対策を人事の目線でしっかりとアドバイスします。

●特長その†
たった30分で面接のコツがつかめる「スキルアップセミナー」も同時開催。
今回初の試みです。


サポート実績豊富なGPならではのノウハウを提供できると思います。


積極的な転職活動をしている人、これからの参考にしたいと思っている人も、
気軽に参加してほしい、と思っています。

■「障がい者のための適職フェア」概要

日時:2007年11月17日(土)
   13:00〜17:00(転職相談は11:00開始) 出入自由
場所:JR有楽町駅前 東京国際フォーラムB5ホール


もっと詳しく知りたい方は →こちら

  
サービス停止のお詫び
2007年11月15日


11月13日(火)午後12時48分より17時50分までの間、
当社のサービスの一部が停止しておりました。

この間、サイトにアクセスしたお客さまにおかれましては、
多大なご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

社員一同原因究明を進め、再発防止に向けて取り組んで参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。

  
落ち込んでいる
2007年11月13日


心が折れたというか、落ち込むことがあった。
ズシーンと重い感じ。

自称楽天家ではあるのだが、悩み、落ち込むこともある。


みなは、この心の落ち込みをどのようにして解消しているのだろう?

みんながみんな、多くの悩みやストレスを抱えて生きているわけだから、
何事もなかったかのような顔をしていることがすごい。
みんな、ものすごい精神力と思う。
ぼくは顕著に顔に出てしまうし、なにもしたくなくなってしまうのだが。


木には年輪がある。

白いところは、夏に育った部分、
黒いところ(ここが年輪といわれているが)は、寒い冬に耐えた部分。

夏に成長した白い部分は、柔らかくもろい。
木の強さ(強度や耐久性)は、黒いところに発揮される。

木が高くそびえ立てるのは、寒い冬に、じっと耐えた黒い年輪があるからだ。


じっと我慢し、耐えたときに木と同じように強さが生まれるのかもしれない。

中々湧き出ない元気をふりしぼり、行動あるのみか。

  
<< 2007年11月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30