障害者雇用・障害者採用・障害者就職・障害者転職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

ぜひ見てほしい番組
2008年10月31日

ハッピーハロウィン!

 

と思ったら、もう11月。

だいぶ冷え込んできたが、冬の足音が近づいてきた。

仕事が忙しいからといって、季節感を忘れてはいけません。

 

 

さて、今日はTV番組情報をお伝えします。

(私も社内共有メールで知りました。)

 

「カンブリア宮殿」という番組で

「障がい者に働く喜びを」をテーマとして放送されます。

 

チョークなど石灰を加工製造する会社で、

戦力として働く障がい者と、

周囲の社員がいい影響をうけ、

モチベーションが向上していることが見られると思います。

 (たぶん。前にこの会社の本を読んだときは、そこが強調されていました。)

 

 

放送日:113日(月・祝)22:00

放送局:テレビ東京系

番組名:カンブリア宮殿

内容:「障害者に働く喜びを」

ゲスト:大山泰弘(おおやま・やすひろ)氏

    日本理化学工業 会長

 

詳細は以下のサイトをご覧ください。

 

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/next/index.html

 

 

このようなテーマが取り上げられたことは

「良き認知」を推進している僕らにとって

とてもうれしいことです。

 

TV局はくだらない番組ばかりを作っていないで、

こういう意義のある番組をもっと流すべきだ。

 

僕らは、 

 

「障がい者の働く機会が増える」

 

から、

 

「障がい者だから働いてほしい」

 

という変革を社会に促したい。

だから、この番組で障がい者雇用に一石投じてほしい。

 

 

  
障害者があたりまえに働けるニッポンへ
2008年10月20日

 

16日、障害者雇用促進をインターネット動画で

社会啓発するサイトを厚生労働省がオープンしました。

 

芸能人との対談を動画やマンガなどで見やすくしています。官庁にしては珍しい試み。

 

 

ATARIMAEプロジェクト~

 

http://www.atarimae.jp/

 

 

GPがこれからこんな社会啓発サイトを作らねば、と思っていたところ、

厚生労働省がやってくれました。

 

 

障害者が社会で働くことは当たり前。

 

このサイトで障害者雇用に関心があつまり、

もっとさまざまな人たちに理解してもらうきっかけになればいいですね。

 

  
障害者雇用の基本講座
2008年10月10日

僕の仕事を知る親しい友人が障害者雇用のことで質問した。

 

「企業は障害者を雇用しなければならないの?」

 

このくらいのことは知っているのかと思ったが、

結構知られていない。残念である。

 

知らない人が、このブログでも多いと聞く。

これより障害者雇用のことを「ざっくり」と説明したい。

 

 

会社は従業員数の1.8%の割合で障害者を雇用する義務がある。

(障害者雇用促進法)

1.8%というのは、56人に1人、1000人に18人、という具合だ。

 

現在の障害者雇用率は、全国平均で約1.5%である。

法律は守られていない。

しかも企業の70%が未達成である。

 

達成していない企業は、罰則金を国に支払う。

300人以上の会社のみ)

あまりに雇用が改善されない場合は、企業名を公表される。

 

障害者数は2003年より障害者雇用も右肩上がりで増えている。

要因は、2つ。

一つは景気が上向き、採用が活発化したことである。

もう一つは、厚生労働省が企業への指導に力を入れたことである。

もう一つは、GPが誕生し、(少々)加担したことである。笑

 

 

日本は、経済の維持のため、労働人口不足を補いたいと考えている。

今まで働いていなかった女性、高齢者、外国人、

そして障害者に働く機会を広げようとしている。

障害者雇用促進は日本国力の一端を担うことになる。

GPは国と一緒にその責務を果たしたい。)

 

 

以上

 

  
負の連鎖を断ち切る方法
2008年10月 7日

ちまたは、負の言葉であふれている。

 

 

不動産下落→株安→資産目減り→買い控え→消費減退

→貿易収支悪化→デフレ→減益→設備投資控え→

負債増→企業合併→事業売却→倒産→失業率上昇→・・・

 

 

これから起こるであろう事柄を並べてみた。

大よそこんな流れになると勝手にいわれている。

まさに負の連鎖である。

 

これだけいわれて不安にならない人はいないだろう。

しかも解決策は見つかっていないのだから。

 

世界は、いきなり電気を消され、真っ暗な部屋にいる。

手探りでは電気のスイッチは見つからない。不安でこわい。

目が慣れるまで適切な正しい動きはできない。我慢が必要だ。

 

こんな状況と思う。

 

 

でも、どうしてこんな負の言葉を並べてしまうのだろうか。

しかも、みな深刻に考えすぎだ。

物事はこんなに複雑ではない。

 

(ここからは楽観的私見を展開する)

 

世界経済は極めて楽観視して大丈夫である。

今は、不安が不安を呼んでいるだけにすぎない。

だから、誰かが誰かに元気勇気を与える。

それで心理的不安を食い止めれば、必ず好転する。

 

(さらに楽観的私見)

 

資本家による資本家からはじまったアメリカに

振り回されてやいないかと感じている。

最終、自国の株や景気や通貨を維持しようと躍起になっているように見える。

株安、GDPマイナス成長、通貨安、景気後退・・・いいではないか。

毎年上っていかねばならないという決まりはない。

税収が下がる、通貨がさがる、輸入しづらい。

これだけのことを許容すればいいだけである。 

UPDOWNは世の常である。

通貨が国の力であることにも警鐘を鳴らしたいものだ

 

そもそも人類は不必要なものを作りすぎている。

今一度各国の経済をダウンサイジングし、

生産量を適正値に戻せないものか。

いっそアメリカも江戸時代に戻ったらよい。

まぁ、そんな下らない話はいいとして(江戸だけに)。

 

(ちょっとすっきり)

 

とにかく今は何とかしなければいけない。

 

いつの時代でも負は起こる。これはしょうがない。

しかし、負の連鎖を止めねばならない。

 

こんなときにこそ、負の反対、「正」の言葉を使おうではないか。

 

 

前向きなるような、

勇気がわくような、

笑えるような、

元気になるような。

不安が期待に変わるような!

 

出来る人が支えてあげよう。

それだけで、負の連鎖を止められると思う。

(これはちょっと本気)

 

 

 

「大丈夫・・・OK牧場!」

 

 

・・・意味はないが、契機付けに。

 

 

  
下期始動
2008年10月 3日

10月より6期下期がはじまった。

 

新聞各紙で、

新日本石油と九州石油など、

合併のお知らせが78あったのではないだろうか。

また、松下電器産業がパナソニックに社名変更した。

 

大合併がスタートする101日。

産業界では節目なのだろう。

 

GP3日、下期キックオフという名の戦略方針発表会を行った。

昼の部は、まじめな仕事の話。

夜の部は、お笑いのある宴会。

 

昼、会社がやるべきこと、事業部でやるべきことを確認した。

夜、一緒にやる仲間たちがどんな人たちかを再確認した。

昼と夜で、会社は一致団結できたと思う。

(特に夜で。宴会で団結する会社ってある意味すごい。)

 

世界経済は、今も霧の中であるが、

GPは霧がはれた。ゴールがはっきり見えている。 

 

下期がいいカタチで始動した。

 

 

  
<< 2008年10月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31