障害者雇用・障害者採用・障害者就職・障害者転職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

「人間力」をあげる
2009年1月26日

 

ここでお話しする「人間力」というのは、

鳥取大学が定義をし、教育指針にしている「人間力」である。

 

 

在学中に「人間力」の向上を目指し、

卒業後に有為な人材として社会に貢献してほしいという

願いが込められている。

 

 

人間力というビジョン。これぞ教育。

すばらしい取り組みだと思う。

 

 

文部科学省も同じ。

グローバル社会において新しい時代を切り開く日本人を

育成するために「人間力」を指導理念として位置づけている。

 

 

さて、この「人間力」、とても興味をもった。

どんな力なのだろう。

 

 

 

■知力

 

自然界や社会生活を観察・分析し、

地球上のすべての生物のくらしを

豊かにできる能力である。

(・・・壮大である。そんなことを言われても。)

 

 

■実践力

 

ミッションに対し、行動によって結果に結びつける能力である。

計画→準備→行動→結果検証

というPDCAサイクルを回せる力である。

(・・・仕事っぽい。)

 

 

■気力

 

説明する必要はないが、人間が考えを行動に移すときに不可欠な能力である。

(・・・これは大事。でもこれが難しいのでは。)

 

 

■体力

 

身体能力だけでなく、持続力、適応力、自己コントロール力である。

(・・・これは鍛錬でどうにかなりそうだ)

 

 

■コミュニケーション力

 

受け止め、理解し、判断し、伝達する能力である。

(・・・これも仕事で生かせそうだ。)

 

 

こうみていくと、

仕事をしていく上で必要なスキルのように思える。

 

しかし、

「人間力」は、社会を豊かに生活するために、

そして幸せに生きていくために必要な力である。

 

 

自分には今何が足りないか。

何を伸ばしていきたいのか、定めたい。

 

 

ぜひ身に付けたい力である。

 

 

 

関西支社では、正月に書初めをして壁にかけてある。

 

 

200901261749000.jpgUえださんが書いたのは

「人間力」。

 

 

今年の目標であり、

気合を入れて臨んでいるようだ。

 

 

 

間という字が、ちょっとまちがっている。

 

 

 

  
歴史的瞬間に立ち会う
2009年1月21日

今、アメリカ合衆国で黒人初の大統領が誕生する。

リアルタイムで歴史的瞬間をこの目で焼き付けようと、

テレビの前で就任式を観ているところだ。

 

今、夜中の2時である。

オバマ大統領よ! 早く出てきてくれ。。。

 

 

オバマ大統領は、前日のスピーチでこんな話をしたようだ。

 

 

「政府としてやるべきことはやるが、

政府がやれることには限りがある。」

 

 

と述べ、改革実行には国民の協力が不可欠との考えを示した。

今日本の首相も、多くの企業経営者も同じ気持ちでいるのではないだろうか。

 

1960年頃だっただろうか。

ケネディ元大統領が就任演説は名言で有名である。

 

「国があなたのために何をしてくれるかを尋ねるのではなく、

あなたが国のために何ができるかを尋ねてほしい」

 

と訴えたことを思い出しながら、ねむっていた。

 

 

zzz・・・なんか誰かはなしてる。オバマ大統領が登場した!

 

 

「みな平等であり、幸福を追求するチャンスを与えられる」

「今までのほこりをはらい、新しいアメリカを作り始める」

「新しい責任の時代!責任には義務がある。喜んで献身しよう。」

「寒い時代に、自由と美徳をも忘れることなく、立ち向かおうではないか」

 

なんか、かっこいい。

日本の政治家とは、違う。。

 

かれは、今までのアメリカではなく、新しいアメリカを象徴している。

 

 

オバマ大統領は、

「人間の尊厳と平等」、「一人ひとりの自立と役割」、「困難に立ち向かう」、

「変革する」、「祖先への感謝」、「国際協調」、「自由と信条」、「希望がある」

を訴えた。とねむい目をこすりながら感じとった。

 

 

これからオバマ大統領は、経済不況、失業率回復、戦争など、

問題は山積みだろう。

 

 

しかし、人種や宗教による区別というもっとも根強い問題よりも

大きな問題があるだろうか。これが戦争や差別の根源である。

ばかばかしくも思えるこの問題が解消されるかもしれない。

心から期待している。

 

 

日本には人種や宗教ということによる問題は感じない。

しかし障害者に対する偏見は残っている。

障害者に対する偏見が解消されることに期待したい。

日本には期待できる政治家が登場するのなら、

僕もホワイトハウスの一番前で喝采を送っているだろう。

 

 

というか、僕が演説しなけばいけないのかな。

 

 

  
ブログが続いた理由
2009年1月13日

ブログを開設して、早いもので3年が経過しようとしている。

 

 

日記というものは、続いたためしがなく、苦手だと思っていた。

(というよりも、やったことがない。)

なので、始めるにあたり、続くかどうか不安だった。

 

 

ふたを開けてみたら、どうだろう。

月に1回も書いていない月はなかった。

 

 

(日記なので、月1回更新はあたりまえであるが。)

 

 

それにしてもよく続いているなと自分に感心している。

日記など書いたこともない人間からしたら、快挙である。

 

 

本当に自分の功績だろうか・・・・・いや、違う。

 

 

続けられたのは、自分の功績ではない。

読んでくれる人たちがいたからだ。

 

 

おもむろにWEBの責任者に聞いてみた。

 

 

「僕のブログは何人ぐらいの人が見に来てるの?」

 

 

「なにぅ~!? 1500人も見に来てるの?」

 

 

常連さんが多いらしい。楽しみにしているようだ。

その多さに正直びっくりした。

 

 

「こんなしょうもないブログなのに!?」

とへらへらしながら、心の中では高々とガッツポーズ。

そして、しみじみと有難さを感じた。

 

 

自分だけの日記など、続きやしない。

続いたのは、周囲からの期待だけである。

 

 

人は期待され、応援されると大きな力がでる。

どんな世界でも言えることである。とても大事なことだ。

 

 

人は人に支えられ生きているんだ。

あらためて感じる。

そしてみなに感謝する。

 

 

だからこそ、これからも続けていきたい。

読者の期待に、全身全霊で応えていきたい。

 

 

(しかし、内容にはあまり期待していないようだ。笑)

 

 

  
謹賀新年にて
2009年1月 5日

 

新年あけましておめでとうございます。

 

 

皆様の今年一年の御多幸を心からお祈りしています。

今年もGP並びにブログ、

そして進藤をどうぞよろしくお願いします。

 

 

200901051230000.jpgさてさて、早速本日、

社員と神田明神に行った。

不景気だからか、

例年の3倍の

「神頼み族」がいる

と伝え聞く。

  

おそるおそる

JR御茶ノ水駅から歩いて

向かったが、

神田明神の鳥居に

たどり着く200m手前

まで人が並んでいた。

  

「仕事せいっ。」

といいたくなるほど、

スーツ姿であふれていた。

 

並ぶのが大嫌いな自分は、

並んでいる時間が無駄と判断。

  

鳥居正面で本殿を遠目に見ながら、

二礼二拍し、参詣を終えた。

 

 

 

 

今年のゼネラルパートナーズ(以下GP)のテーマは「変化」だ。

 

 

種の起源で有名なダーウィンはこんな考えを示した。

 

 

長く生き残るのは、力の強い種ではなく、頭のいい種ではなく、

環境に変化適応した種であると。

 

 

これは経営にもあてはまる。

 

 

景気や雇用環境が、ガラっと変わった。

この環境に変化適応しなければならない。

 

 

今までと同じでは、いけない。

 

 

戦略、組織、オペレーション、意識など、

すべてを状況に応じて変える必要がある。

 

 

人は変化を好まないが、

僕は思う存分楽しみたい。というか楽しみである。

 

 

さらに、

 

 

良いときは、会社は成長する。

悪いときは、さらに会社が成長期である。

 

 

これも楽しみである。

 

 

「変化」の先にある、「進化」のために、頑張りたい。

 

 

 

 

 

 

  
<< 2009年1月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31