障害者雇用・障害者採用・障害者就職・障害者転職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

自分が源泉
2011年7月15日

良いことがあると、

「日頃の行いがいいからだ」と言われる。

 

嫌なことがあると、

「日頃の行いは、いいはずなのにな~」と思います。

 

 

昔から、人は過去を振り返ります。

今起きていることは、過去のつながりという

発想をもっているからでしょうか。

これは仏教の根本教理だそうです。

 

 

「蒔かぬタネは生えぬが、蒔いたタネは必ず生える。」

 

 

受ける結果のすべては、自分の蒔いたものばかり。

という考え方。これも仏教の言葉ですが、

とても納得できる言葉です。不思議と勇気も出てきますね。

タネ蒔かなくちゃと思えてきます。

 

 

論語でも、

 

 

「過去の因を知らんと欲すれば、現在の果を見よ。

未来の果を知らんと欲すれば、現在の因を見よ」

 

 

という 好きな言葉があります。

 

因果ということですが、

私は、ことあるごとにこれを意識しています。

 

 

至らない「過去」を反省したり、

「現在」の自分を戒めたりしています。

(良い未来を信じて。笑)

 

 

とにかく、自分が源泉なんだ、と考えるようにしています。

 

 

 

「ありがとう!」といわれるとうれしいです。

「ありがとう」を言われないと、嫌な気持ちになります。

 

「ありがとう」を言う人は、

周りを嬉しい気持ちにしますので、

周囲もありがとうを言ってくれます。 

 

「ありがとう」を言わない人は、

何も言わず離れていくでしょう。

 

 

例えば、こんなことが自分言動の周りで渦巻いているのです。

こういうこと多くないですか。

だから私は「自分が源泉」と意識するようにしています。

 

 

しかしながら、、、「自分が源泉」、実戦できておりません。

 

 

実戦はつらいです。

人のせいにできたらどんなに楽か。

すべて自分が悪いと、やっぱり思えないこともあります。

納得いかないこともありますよね。

 

 

実戦すべく自分自身と日々戦っているところです。

これからも修行僧を続けてまいります。

 

 

  
<< 2011年7月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31