障害者雇用・障害者採用・障害者就職・障害者転職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

障がい者雇用を通じて感じること
2011年11月16日

  

5年前、僕の仕事を知っているはずの友人や知人が、

 

「企業は障がい者を雇用しなければならないの?」

 

と質問してきました。

障がい者雇用の仕組みや法律については、

ほとんど知られていませんでした。

 

 

しかし、今は方々で話しても、

 

「企業は障がい者を一定率雇用しないといけないよね。

大企業が積極的に雇用しているね。」

 

という感じで話が進みます。

関連のない人でもこの程度のことを知っていることが

多くなりました。浸透していることを感じています。

 

 

 

障害者雇用促進法に基づき、

企業は従業員数の18の割合で障がい者を雇用する法律があります。

 

 

18というのは、56人に1人、1000人に18人、

という割合で雇用しなければなりません。

 

 

今現在の障がい者雇用率は、全国平均で約16%です。

企業の半分は未達成となっており、

まだまだ行き届いているとはいえません。

 

 

一方、従業員数1000人以上の大手企業の平均は19%であり、

ついに法定の18%を越えました。

大手は積極的に受け入れているということになります。

 

 

この法定雇用率を達成していない企業には、制裁があります。

200人以上の会社は、罰則金を国に支払うことになります。

 

 

別の制裁としては、あまりに改善されない場合は、

企業名を公表されることがあります。

 

国の競争入札に参加できないという制裁もあります。 

 

 

 残念ながら、今は義務や制裁ということで雇用が進んでいるのが

 現実となっています。

 

 

 

 我々がやらなければならないことは、

 

 企業と障がい者のより良い結びつきをつくり、

 

 「障がい者を採用してよかった」「障がい者も普通に働けるじゃないか」

 

 「特別視する必要はない」

 

 と言っていただける企業を増やすことだ、と痛感します。

 

 

 

 

 

  
会社は「人」が大事
2011年11月15日

会社は「人」で成り立っている。

経営している立場から、ほんとうにそう思う。

 

会社は、人が人と関わりながら、人が何かを生み出し、人が何かを創り、

人が運営をしているからである。

人だから間違うこともある、寿命があるかもしれない。

人は生き物なのだから、意思があるし、色もある。

当たり前のことなのに、気が付いていない人が多い。

 

新聞に載っていたが、大学発のベンチャーの多くが

上手くいっていない。

1000社以上立ち上がり、そのほとんどがうまく軌道に乗らない。

その理由は、アイデアや研究は素晴らしいのだが、

それを運営する「人」に問題があるということだった。

 

そもそも優秀なビジネスモデルや仕組みがあれば、

会社が成り立つという考えを持っている経営者が多い。

誰がやっても結果が同じ?。そんなものは絶対にない。

経営者がそういう考え方でいるから、うまくいかないのだと思う。

 


会社は、それを動かす「人」が大事だということである。

社員がいきいきと、そしてやる気に満ちている会社は、

雰囲気も業績も良いだろう。間違いない。

 

会社は機械が動かしているのではなく、

社員ひとりひとりが動かしているのだから。

 

 

僕は「社員がすべてのはじまり」と言っている。

社員一人ひとりが無限の可能性を持っている。

社員発信で物事が決まり、動き出せる会社でありたいと思っている。

 

これから障がい者のライフサポーターになるべく、

新規事業を創っていくにあたり、社員に新たな機会を与えていきたい。

 

 

 

  
<< 2011年11月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30