障害者雇用・障害者採用・障害者就職・障害者転職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

障がい者雇用を通じて感じること
2011年11月16日

  

5年前、僕の仕事を知っているはずの友人や知人が、

 

「企業は障がい者を雇用しなければならないの?」

 

と質問してきました。

障がい者雇用の仕組みや法律については、

ほとんど知られていませんでした。

 

 

しかし、今は方々で話しても、

 

「企業は障がい者を一定率雇用しないといけないよね。

大企業が積極的に雇用しているね。」

 

という感じで話が進みます。

関連のない人でもこの程度のことを知っていることが

多くなりました。浸透していることを感じています。

 

 

 

障害者雇用促進法に基づき、

企業は従業員数の18の割合で障がい者を雇用する法律があります。

 

 

18というのは、56人に1人、1000人に18人、

という割合で雇用しなければなりません。

 

 

今現在の障がい者雇用率は、全国平均で約16%です。

企業の半分は未達成となっており、

まだまだ行き届いているとはいえません。

 

 

一方、従業員数1000人以上の大手企業の平均は19%であり、

ついに法定の18%を越えました。

大手は積極的に受け入れているということになります。

 

 

この法定雇用率を達成していない企業には、制裁があります。

200人以上の会社は、罰則金を国に支払うことになります。

 

 

別の制裁としては、あまりに改善されない場合は、

企業名を公表されることがあります。

 

国の競争入札に参加できないという制裁もあります。 

 

 

 残念ながら、今は義務や制裁ということで雇用が進んでいるのが

 現実となっています。

 

 

 

 我々がやらなければならないことは、

 

 企業と障がい者のより良い結びつきをつくり、

 

 「障がい者を採用してよかった」「障がい者も普通に働けるじゃないか」

 

 「特別視する必要はない」

 

 と言っていただける企業を増やすことだ、と痛感します。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 障がい者雇用を通じて感じること

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.generalpartners.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/688

コメントする

<< 2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28