障害者雇用・障害者採用・障害者就職・障害者転職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

総合研究所を設立しました
2014年12月 9日


12月9日、総合研究所を設立いたしました。


年間で一般企業や行政で働いている障害者は、43万人いて、

12年連続で増えている一方、ミスマッチによる早期退職者も増えています。


「雇用の創出」 と 「定着」。

これは、日本の障がい者雇用の課題と考えています。


この課題解決には、お互いがお互いをもっと知る機会が必要であります。

そのきっかけとなれるよう、

微力ながら、調査、研究を進めてまいります。

ご支援のほど、よろしくお願い致します。


障がい者総合研究所

http://www.gp-sri.jp




2014128

株式会社ゼネラルパートナーズ

 

 

身体・精神・発達障がい者の雇用の実態を調査!

「障がい者総合研究所」を設立

 

 

障がい者雇用を専門に、転職支援・職業訓練・雇用モデル開発

を行う株式会社ゼネラルパートナーズ(本社:東京都中央区、

代表取締役社長:進藤均)は、2014129日(火)、

障がい者雇用の実態を調査し、

研究・発信する「障がい者総合研究所」を設立致します。


http://www.gp-sri.jp


研究した情報を広く発信することで、

雇用の現場における

「新たな雇用機会の創造」や「ミスマッチの改善」

に繋げて参ります。

 

 

<障がい者総合研究所の特長>


1.  年間8,000人以上の登録者(障がい者)から集められる

障がい者の生の声


2.  常時700社以上の取引先企業から集められる

障がい者雇用の実例と人事担当者の声


3.  障がい者雇用に特化してサービスを展開してきた、

長年の経験・ノウハウを活かした研究・分析手法

 

 

20134月に2.0%へ引き上げられた法定雇用率、

20184月から始まる精神障がい者の雇用義務化に伴い、

民間企業に雇用される障がい者の数は年々増加傾向にあります。


201411月に厚生労働省から発表された

「平成26年障害者雇用状況の集計結果」によれば、

民間企業の実雇用率は1.82%まで改善し、

雇用される障がい者数も11年連続で過去最高となりました。

 

一方で、これまで障がい者の採用活動を行なったことがない

中小企業、身体障がい者の採用実績はあっても

精神障がい者の採用は初めての企業も多く、

各企業は手探りの状態で採用活動に取り組んでいます。

また、障がいに対する理解や受入れ体制が整わない状況での

採用、能力や適性にマッチしない配置での採用も増えており、

それが早期退職の要因にもつながっております。

 

 

こうした状況を踏まえ、ゼネラルパートナーズでは、

企業および障がい者がお互いに理解を深めミスマッチの防止

に取り組むきっかけを提供する必要があると考えました。

 

今後は当事者の他、障がい者雇用に関する有識者

および各種支援者の声も交え、さまざまな角度から

調査・研究を進めて参ります。

障がい者雇用における有益な情報を発信し続けることで、

障がい者がより活躍できる機会の創出に貢献致します。


 

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社ゼネラルパートナーズ

広報担当:田島

tajima@generalpartners.co.jp

TEL:(033270-5500

FAX:(033270-6600

 

 

■会社概要

会社名      : 株式会社ゼネラルパートナーズ

U R L       http://www.generalpartners.co.jp/

代表者      : 代表取締役 進藤 均

本社所在地    : 東京都中央区京橋2-4-12

         京橋第一生命ビル3F

設立日      2003 4

業務内容      : 障がい者専門の人材紹介、求人サイト、

         職業訓練、雇用モデル開発など


以上

  
<< 2014年12月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31