障害者雇用・障害者採用・障害者就職・障害者転職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

2015年を迎えて
2015年1月 5日

 

あけましておめでとうございます。

 

 

2015年スタートを迎えられたこと、嬉しく思っています。

今年一年、さまざまな挑戦が始まる年と位置付け、

取り組んでまいります。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

我々が活動する障がい者雇用の環境は、

今、とても良い風が吹いています。

その要素は二つあります。

 

一つ目は、国の社会保障の削減方針です。

医療費、介護、年金だけでなく、

障がい者福祉や生活保護も同じく削減の方向で動いており、

障がい者を「福祉で守る」のではなく、「一般就労」への流れは、

一層加速していくものと思われます。

 

二つ目は、日本が労働人口を確保しなければならないことです。

安倍首相の年頭あいさつにもあったとおり、

15歳~65歳の労働人口の減少を食いとめるため、

女性、高齢者に続き、障がい者の雇用を創出しなければなりません。

 

このような環境により、厚生労働省は、

2015年には100人規模の会社に罰則を設ける法改正、

2018年には精神障がい者の雇用義務化といった法改正の予定であり、

今後さらに強化していくことでしょう。

 

我々の活動を後押しするような状況でうれしい半面、

国の課題と直結していることにより、責任が大きいと考えます。

「日本の問題を解決する。」 「その道筋をつくる。」

そういった使命感をもって取り組んでいかなければならないと

強く感じています。

 

 

2015年ゼネラルパートナーズは、

「障がい者雇用の専門家」にまい進すべく、以下4点に新たな挑戦を始めます。

 

・きのこ工場を開設し、精神障がい者や知的障がい者らと共に、

生産販売活動を行います。

 

・中途失聴者向けの就労訓練プログラムを産学連携で開発し、

実際の就職支援の場につなげます。

 

・発達障がい者を専門で就職支援するセンターを開設し、

現在働いていない方々を企業につなげます。

 

・総合研究所では3000人のモニターから、障がい者雇用の実態を調査。

広く認知してもらう活動を強化します。

 

 

2015年は、引き続き、

障がい者の雇用創出に貢献することをお約束いたします。

 

 

この他、やるべきことが様々ありますが、

立ち止まらず、挑戦し続ける所存です。 

幸いにも周辺は良い風が吹いていますので、

飛躍していきたいと思います。

 

皆様のご指導ご鞭撻を賜りながら、

活動に取り組んでまいります。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

  
<< 2015年1月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31