障害者雇用・障害者採用・障害者就職・障害者転職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

GPは変わります 自分で決める文化
2016年11月24日

11より全社で働く服装が自由になりました。


何でもいいです。自分で決めてくださいと。

ということで、毎朝戸惑っています。


今日のスケジュールは?と確認し、

人との面談風景をイメージし、

話がうまくいくような服装を考えるようになりました。

もともと服を数持っていないので、大いに迷うわけです。

家族に、これはどうかと見せますが「いまいちかな」とか言われ、落ち込むわけです。

「おじさんみたい」とか「太っている」とか、もはや服装と関係ないのであります。

結局、スーツで行く(笑)。

勝手に息子の服を着る(笑)。

ということで、毎朝自分なりに頑張っています。

 

なぜ今このように変えたかというと、

これから「個人に大きな裁量を渡していく」からです。

これはGPの大きな方針転換です。

 

社会問題を解決をもっともっと広げたい。

広げないといけない。ということを実現するには、

会社が決めたことをやるのではなく、個人が決めてどんどん動かしていく。

会社が統制管理するのではなく、個人が自立していく。

今までも自主性を重んじてましたが、

さらに、もっと、大胆に、という感じです。

大きく舵を切ることにしました。

 

これからは、個の時代です。

個人の人生が多様化する時代です。

会社に個人が属するのではなく、個人の集合体が会社であると。

会社の制度にのっとるのではなく、個人の人生に会社がある。

という考え方が、

21世紀型になってくるだろうと予想しています。

 

個人が思い切って動けるように、会社のあらゆるところを変えます。

たかだか服装なのですが、個人裁量で決める。

一つの象徴的なことと考えます。

 

僕の仕事は決めることです。

つくづく、自分で判断すること、

自分で決めることは、難しいと感じます。

相応の責任を背負うわけです。

 

日頃から決めていないと、決めることに慣れないですね。

決めてくれたほうがやりやすい。とか、かえって動けなくなるよ、という人もいるでしょう。

ただ、決めることで、責任が発生します。

自覚がでます。緊張感がでます。意識が高まります。

だからこそ、自分で決めさせることが大事になります。

 

決めることを少しずつ増やしていく。

自分で決めて、それが失敗してもいいじゃないですか。

あとで笑い話になりますし。失敗は財産になります。

いずれ、自分で考え、決めて、動くことが

楽しめるようになればと思います。

 

そして、「どんどん、やってみよう!」という文化になっていけば、

GPは面白いソーシャルベンチャーになると信じています。 



  
2017年GPは変わる
2016年11月10日

2017年、GPは変わります。

 

「社会問題を、もっと解決する。」

いや、取り組まないといけない。

今までは障がい者雇用を中心にやってきましたが、

雇用領域だけでなく、スポーツ、結婚、教育を。

障がい者のことだけでなく、LGBTやうつ、不登校もやる。

不自由で困っている人たちも。

少子化、高齢化の問題も解決する。

やる範囲を広げます。

と同時に、我々は「ビジネスとしても成立させ、

持続可能にする。」ことをしなければいけない。

公費や助成金で運営するのではなく、ビジネスで行う。

でなければ持続可能とはいえないわけです。

 

実現するためには、GPを大きく変えないといけないわけです。

 

これらをどうやって実現していくか。

キーワードは、、、

「個」です。個の力を最大に引き出すことです。

 

強い思いのある人たちに、思い切り裁量を渡し、

自由に動ける環境を整える。

そしてどんどん事業を生み出していく。

会社が決めたことを社員が動くのではなく、

個人が自己判断で決めて進んでいく。

会社に個人が属している、よりも、

個人が集まる組織体へ。というイメージです。

究極に自立した個人の集まりは強いと思います。

 

1人の熱き思いが炎となり、周囲に燃え移り、

仲間が増え、取り組みが広がっていく。

これを増やしていきます。

大げさな例えですが、

各個人が社長や個人事業主となり、

今のGPのような会社を創る。

100人の人が100人の事業を生み出せば、

燃えている仲間は10000人になります。

影響力があります。

 

個人のやる気を最大に引き上げるため、

働き方を抜本的に変えていきます。

社員の幸せな人生を第一に考え、

人生に沿った選択ができるようにします。

普通の会社は、会社のルールに沿って社員の人生が決まる。ですがGPは、社員の幸せな人生にGP寄りそっている、というイメージです。

 

「個」への裁量や自由を与えたら、、、

社内が混乱したり、トラブルになったりという心配やリスクを感じる人もいるでしょう。

メンバーがばらばらで、マネジメントできないという人もいるでしょう。

事業拡大と社員の幸せなんて、両立できないと心配もあるでしょう。

どういう人事システムで管理するのか、目標は、評価は、という難題もあります。

結果、それらリスク難題よりも、

個の前に突き進む力を優先する。 

個人の力、個人の可能性を心から信じています。

だいぶ振り切っていきます

  

もう一つのキーワードは、、、「仲間たち」です。

仲間とは、社員のことだけではありません。

社員以外の協力者のことです。

GPに共感して一緒に活動してくれる人たちです。

誰でもいいんです。何らかのつながりのある「仲間たち」

が、自由にGPの活動に参加できるようにしたい。

ボランティアでもいい、副業でもいい。手伝いでもいい。

GPの活動を強力に後押ししてくれる存在になります。

 

「個」が裁量もって思い切り動ける。

「仲間たち」の協力。

 

普通の会社であれば、「何をバカなことをいっているんだ

、そんなの無理だ。」となる。今までの価値観でいえば、

「無秩序で難しいでしょ。」となる。しかし、 

これからの時代、個人の働き方は多様化します。

そして個人の経済活動への関わり方も多様化

していきます。副業とかフリーランス等が増えます。

それと同時に会社というカタチも多様化していくでしょう。

社員ということにもこだわらない、

自由な関わり方がくると思います。

株式会社というカタチにもこだわらない、

自由な組織がでてくる時代になるかもしれません。

ですから、GPという会社を解体してもいいのではないか

、と思っています。

社会問題の解決が進むことを最優先にした

もっとも良いカタチにしていけばいいと思っています。


  
<< 2016年11月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30