障害者雇用・障害者採用・障害者就職・障害者転職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

2019年をどう見ているか2
2019年2月 4日
「ソーシャルビジネスって2019年以降、どうなっていくの?」

ソーシャルビジネスは今は緩やかに、将来的には飛躍的に伸びると思います。

GPはソーシャルビジネスを展開するベンチャー企業なので、マーケット拡大は歓迎です。一方で、盛り上げていかなければという使命感を感じてます。

昨年ぐらいから「SDGs」を見聞きする機会が増えました。「ESG投資」も日経新聞で大きく取り上げられました。企業が普通にソーシャルな活動を始める時代になりそうです。始めないといけないといっても過言ではない環境になりました。世界的なうねりというか、トレンドがきています。もうすぐ実感できるようになると思います。

消費者側はソーシャルな活動をしている会社を応援するトレンドになるでしょう。

つい先日イオンが全店で障害者を店頭で活用するという記事がでていました。これは単なる障がい者雇用ではなく、SDGsや企業イメージ戦略ではないかと思います。こんな活動はtoC向け企業に増えてくるでしょう。外資系企業では、ソーシャル活動は購買ファンがついて売り上げがあがることに気づいていて、マーケティング戦略にシフトしていくでしょう。

ソーシャルビジネスが伸びるだろうということを、少し違った視点で話をします。

地方の多くの自治体では、人口減少と高齢化によって、税収が減っています。当然ながら行政が今まで当たり前に行っていた行政サービスが維持できなくなっています。地方自治体は、経費削減として、行政サービスを止めるか、止めないのであれば、地域のNPOや地域の人たちに委託することが増えてくるでしょう。地域の人が何らかソーシャルな活動する時代です。ソーシャルビジネスは収益のある事業なので、持続可能なモデルとして有望です。全国的に展開することが求められるでしょう。

GPはそんな2019年以降の未来を見据えて、独自でソーシャルビジネスを続々と展開していきます。

昨年設立した、社会起業家支援のソーシャルアントレプレナーズアソシエーションの事業を拡大し、ムーブメントを起こします。


一般社団法人ソーシャルアントレプレナーズアソシーション

https://www.social-ea.org/


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2019年をどう見ているか2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.generalpartners.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1364

コメントする

<< 2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28